So-net無料ブログ作成
前の12件 | -

正しいテークバックとは? [アイアンショットの極意]

もしかしたら、体が硬いからテークバックが浅くなって、
深い回転が作れない・・・なんて悩んでいませんか?


テークバックで回転が浅くなってしまうゴルファーでも、
直ぐに深い回転を作れるようになる方法があります。

「私は体が硬いから、トップが浅くなってしまう」

もしかしたら、あなたは、トップが浅いのは、
体の硬さだと勘違いしているかもしれません。


実は、そんな方のほとんどは「間違ったテークバック」をしています。

「正しいテークバック」を理解したら、
簡単にテークバックを深くすることが出来ます。


その方法を「アイアンショットの極意」で体得してください。


>>アイアンショットの極意(本物のダウンブローとは)

ian1-1.gif







もしあなたが、アイアンショットで悩んで知るのなら、

この、本物のダウンブローを追求したアイアンショットの極意を
手にして試してみませんか!?


この教材ほどゴルフのスイングについて深く解説したものは、
私が知ってる限りありません。

とにかく、スイングの奥深い部分まで
理解することができます。



間違いなく、アイアンショットが上達すれば、
ドライバーショットなど、とてつもなく簡単に感じるようになります。


>>アイアンショットの極意(本物のダウンブローとは)



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

アイアンショットの悩み!ダフリ、トップの本当の理由とその解決法とは? [アイアンショットの極意]

あなたは、アイアンショットで、頻繁に出るダフリや
トップに悩んでいませんか!?

なぜ、ダフリやトップが頻繁に出てしまうのか?
もちろん理由があります。


その、本当の理由と簡単な解決法を「アイアンショットの極意」で
余すことなく公開していますので、試してみて下さい。

間違いなく、最短でダフリやトップが解決してしまうでしょう。


あなたも知っての通り、プロは、ダフリ、トップのミスが
極端に少ないですよね・・・。

それは、「ある動作」が、完璧にできているためです。

その「ある動作」を、ここでは、
あなたにも完璧にマスターしてもらいます!


>>アイアンショットの極意(本物のダウンブローとは)

ian1-1.gif






もしあなたが、アイアンショットで悩んで知るのなら、

この、本物のダウンブローを追求したアイアンショットの極意を
手にして試してみませんか!?


この教材ほどゴルフのスイングについて深く解説したものは、
私が知ってる限りありません。

とにかく、スイングの奥深い部分まで
理解することができます。



間違いなく、アイアンショットが上達すれば、
ドライバーショットなど、とてつもなく簡単に感じるようになります。


>>アイアンショットの極意(本物のダウンブローとは)




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

アイアンショットを極めるために必要な「アイアン特有のクラブ構造の秘密」とは? [アイアンショットの極意]

アイアンショットが上手くなりたい!!

そんな想いを叶え、アイアンショットを極めるためには、
「アイアン特有のクラブの構造の秘密」
知る事が、とても重要です。


あなたは、なぜ、アイアンはネックがあり、
トー側に向かってトップラインが高くなっているか。

考えたことはありますか?


実は、そこに「アイアンショットの極意」が、隠されているのです・・・

アイアンの設計意図を理解して、
本物のアイアンショットをマスターするその秘訣を、
アイアンショットの極意の中で伝授します!


>>アイアンショットの極意(本物のダウンブローとは)

ian1-1.gif




もしあなたが、アイアンショットで悩んで知るのなら、

この、本物のダウンブローを追求したアイアンショットの極意を
手にして試してみませんか!?


この教材ほどゴルフのスイングについて深く解説したものは、
私が知ってる限りありません。

とにかく、スイングの奥深い部分まで
理解することができます。



間違いなく、アイアンショットが上達すれば、
ドライバーショットなど、とてつもなく簡単に感じるようになります。


>>アイアンショットの極意(本物のダウンブローとは)




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

ロングアイアンでもキレのある高弾道を放つスイングの方法とは? [アイアンショットの極意]

ロングアイアンは苦手!とおっしゃる方は多いのではないでしょうか?

もし、ロングアイアンが正確にヒット出来て、コントロールできたら
スコアも格段に良くなるのではありませんか?


この「アイアンショットの極意」では、ロングアイアンでも
キレのある高弾道を放つスイングの方法を教えてくれます。


もし、「ロングアイアンは難しいから打てない!」そう思っているとしたら、
このスイングをやってみてください。

今まで低い弾道しか出なかったロングアイアンでも、
高弾道を放つことができるようになることでしょう・・・



ロングアイアンで高弾道を放つ方法を公開!

>>アイアンショットの極意(本物のダウンブローとは)





もしあなたが、アイアンショットで悩んで知るのなら、

この、本物のダウンブローを追求したアイアンショットの極意を
手にして試してみませんか!?


この教材ほどゴルフのスイングについて深く解説したものは、
私が知ってる限りありません。

とにかく、スイングの奥深い部分まで
理解することができます。



間違いなく、アイアンショットが上達すれば、
ドライバーショットなど、とてつもなく簡単に感じるようになります。

>>アイアンショットの極意(本物のダウンブローとは)




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

ドライバーとアイアンは同じスイングをすべきなのか? [アイアンショットの極意]

あなたは、ドライバーとアイアンは同じスイングを
すべきだと思っていますか?

これはたまに耳にするテーマですが、
私は明確な答えを知っています・・・


これを知ることにより、あなたのドライバースイングとアイアンスイングは、
よりよくなっていくことでしょう。
(逆に、知らないととんでもないことになっていきます・・・)


>>【アイアンショットの極意】ドライバーとアイアンのスイングは?





こちらは、「アイアンショットの極意」で、確実に、
しかも最短でアイアンの腕を上げられた方です。



“確実にそして最短で腕を上げる「極意」としては、
20万円の価格をつけても納得できます。”


▼米沢さま 平均スコア85



150ヤード5番、100ヤード9番
惰性のクラブ選択でも、80前後で回れる58歳

「キレ」はなくても、コンペでは上位常連かもしれない
けど、頭の中ではピンに絡みつくバックスピンを夢見てる

理論と実践が出会う接点を求めて読みました。


確実にそして最短で腕を上げる「極意」としては、
20万円の価格をつけても納得できます。

頭の中に描く理想の球筋は、理論の延長に間違いなくあるからです
コースを攻め尽くすアーチを組み立てるのは、アイアンの夢です。

「極意」に従えば、
コンスタントに9オーバーのラウンドを1年で達成できます。





PS



もしあなたが、アイアンショットで悩んで知るのなら、

この、本物のダウンブローを追求したアイアンショットの極意を
手にして試してみませんか!?


この教材ほどゴルフのスイングについて深く解説したものは、
私が知ってる限りありません。

とにかく、スイングの奥深い部分まで
理解することができます。



間違いなく、アイアンショットが上達すれば、
ドライバーショットなど、とてつもなく簡単に感じるようになります。


>>アイアンショットの極意




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

上達しないアイアンのワナとは? [アイアンショットの極意]

あなたは、アイアンの練習で、このアイアンを使うと
絶対に上達しないという、そのアイアンは何だかわかりますか?


実は、このアイアンを使用してしまうと、
絶対に上達することが出来ないのです。

なぜなら、「良いスイングをしても良いボールが出ないから」なのですが、
なぜ、上達しないのか?その具体的な理論を「アイアンショットの極意」
で学ぶことができます。

これを知るだけでも、多くのゴルファーが嵌ってしまっている
「上達しないアイアンのワナ」を回避することができます。

さらに、最短でスムーズに上達する方法も知ることができます。


>>【アイアンショットの極意】上達しないアイアンのワナ





こちらは、「アイアンショットの極意」で、アイアンレベルの
ステージを上げられた方です。



“アイアンショットの目指すべく目標が
はっきりしたのが最大の成果でした。”


▼柳谷さま 平均スコア98


仲間内でラウンドするとき、ショートホールで持つアイアンの番手が
いつも一番手違うことに悩んでいました。

要するに、同じくらいの年齢の仲間たちよりアイアンが飛ばないのです。

長いアイアンを持つとやはりミスが増えます。
スコアを悪くする原因になっていました。

自分では手打ちだという感覚がなかったのですが、
今回の教材を読んではっきり理解しました。

購入後にいただいたメールでのアドバイスで、
自分がどの段階にいるのかもわかりました。

教材の順序に従って練習し、今は○○の段階に達しました。
まだ○○の域に達していませんが、先が見えてきました。

アイアンショットの目指すべく目標がはっきりしたのが最大の成果でした。
これからも先を焦らず練習していきたいと思います。



PS


もしあなたが、アイアンショットで悩んで知るのなら、

この、本物のダウンブローを追求したアイアンショットの極意を
手にして試してみませんか!?


この教材ほどゴルフのスイングについて深く解説したものは、
私が知ってる限りありません。

とにかく、スイングの奥深い部分まで
理解することができます。



間違いなく、アイアンショットが上達すれば、
ドライバーショットなど、とてつもなく簡単に感じるようになります。

>>アイアンショットの極意





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

シャンクの本当の原因とその対処法とは? [アイアンショットの極意]

ゴルフをしていて、ほとんどの人が体験する悩み
それが「シャンク」。

この、シャンク病にかかってしまうと、なかなか抜け出せません!!
シャンクへの恐怖、不安が、よりシャンクを誘発することになります。


なぜ「シャンク」になるのでしょう?
あなたは、その本当の原因を知っていますか!?



アイアンショットの極意では、

シャンクの「本当の原因」とその対処法を理解して、
シャンクの恐怖から解放される具体的な方法を教えてくれます。


シャンクというのは、本当に根が深い問題ですよね。
ボールから近いからネックに当たる、という単純な話ではありません。


もし、あなたが、時折出るシャンクに悩まされているとしたら、
アイアンショットの極意で教える本当の原因と対処法を知ることで、
シャンクを劇的に減らしつつ、
さらに、飛距離、方向性も改善することが可能です。

>>【アイアンショットの極意】シャンクの原因と対処法






この方も「アイアンショットの極意」でシャンクを克服された方です。



“あやふやな知識がクリアになり、
目の前がパッと明るくなる思いでした。”


▼木村さま 平均スコア95


小生、当年47歳、ゴルフ歴25年、平均スコア95、
ここ最近はチーピンとシャンクに怯えながらのラウンドで
少々行き詰まっておりました。

そんな時に倉木さんのブログに出会い、
”アイアンショットの極意”の存在を知り、迷わず購入しました。

このマニュアルでまずシャンクとチーピンの
メカニズムがクリアになりました。

またシャンクとチーピンは連動しているという事が理解できました。
あやふやな知識がクリアになり、目の前がパッと明るくなる思いでした。


それと、スイングレベルには4段階のステージがある事を知り、
今の自分がどのステージにいるのか、
どんな練習をすれば良いのかが明確になりました。

今の自分は○○ステージであり、
○○の○○の習得が必要である事が判り、目下取り組み中です。


早速、シャンクが激減してスコアも80台が出だし、
マニュアル効果がてきめんに表れてます。

最終目標の○○ステージに上がれるよう練習にも熱が入ります。

ゴルフ熱は既にランクアップし、妻は呆れてますが…
そんな事には目もくれず、ますます精進しますので今後もご指導お願いします。



PS




もし、あなたがシャンクで悩んでいるのなら・・・
さらに、アイアンショットで悩んで知るのなら、

この、本物のダウンブローを追求したアイアンショットの極意を
手にして試してみませんか!?


この教材ほどゴルフのスイングについて深く解説したものは、
私が知ってる限りありません。

とにかく、スイングの奥深い部分まで
理解することができます。



間違いなく、アイアンショットが上達すれば、
ドライバーショットなど、とてつもなく簡単に感じるようになります。


>>【アイアンショットの極意】シャンクの原因と対処法




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

本物のアイアンショットとは? [アイアンショットの極意 口コミ 評判]

本物のアイアンショットとはどのようなものか?
なぜ、ハンドファースト、下半身リードだけではダメなのか?

それが、「アイアンショットの極意の中で詳細に解説されています。
読んでみると目から鱗ですね。

勘違いしていたことがたくさんありました。


さらに、ここでは「本物のアイアンショット」をマスターするたの
全てのノウハウがシンプルにわかりやすく解説されています。

「本物のアイアンショット」などと言うと、抽象的に感じてしまいますが、
教材の中ではそれを「徹底的に、具体的に」説明しています。


これにより、勘違いも修正され、長年「何かが足りない」と感じていた、
その「何か」が明確になりました。

そして、今までと明らかに違った安定感のある、キレのある
アイアンショットを打てるようになりました。

>>【アイアンショットの極意】手打ち克服ドリルを実践する







こちらは、アイアンショットの極意を実践されたかたの感想です。


“確実にそして最短で腕を上げる「極意」としては、
20万円の価格をつけても納得できます。”


▼米沢さま 平均スコア85


150ヤード5番、100ヤード9番

惰性のクラブ選択でも、80前後で回れる58歳

「キレ」はなくても、コンペでは上位常連かもしれないけど、
頭の中ではピンに絡みつくバックスピンを夢見てる。

理論と実践が出会う接点を求めて読みました

確実にそして最短で腕を上げる「極意」としては、
20万円の価格をつけても納得できます。

頭の中に描く理想の球筋は、理論の延長に間違いなくあるからです
コースを攻め尽くすアーチを組み立てるのは、アイアンの夢です。

「極意」に従えば、
コンスタントに9オーバーのラウンドを1年で達成できます。



PS


なかなか評価が高いですね・・・。




もし、あなたがゴルフでアイアンショットで悩んで知るのなら、
この、本物のダウンブローを追求したアイアンショットの極意を
手にして試してみませんか!?


この教材ほどゴルフのスイングについて深く解説したものは、
私が知ってる限りありません。

とにかく、スイングの奥深い部分まで
理解することができます。


間違いなく、アイアンショットが上達すれば、
ドライバーショットなど、とてつもなく簡単に感じるようになります。

>>【アイアンショットの極意】手打ち克服ドリルを実践する




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

手打ちを克服し、飛距離と方向性を格段に伸ばすアイアンショットの極意! [アイアンショットの極意]

あなたのゴルフは手打ちになっていませんか?

手打ちだとしたら、当然飛距離は出ません。


ただ、「手打ち」だと自覚しているゴルファーが少ないのが現実。
これでは、手打ちを改善することも、飛距離を伸ばすこともできません。

でも、アイアンショットの極意の「あるドリル」を使う事で、
自分が「手打ちかどうか」が分かります。


もし手打ちだったとしたら、このドリルで手打ちを克服し、
飛距離と方向性を格段に伸ばして下さい。


>>【アイアンショットの極意】手打ち克服ドリルを実践する







アイアンショットの極意 を実践して


“自分のポジションがつかめ、何が問題で、何をすべきか、
それぞれのショットで何が悪かったか、
良かったかがつかめるようになってきました。”


▼千速さま 平均スコア90.9


ゴルフ歴ほぼ30年。

これまで何となく自己流でショットの調整をしていましたが、
まったく安定せず、日替わりゴルフをしていました。

何が理由かわかりませんでしたが、

50才を超えてアイアンの距離が落ちてきたな、と感じていたとき、
どちらかというと左へ左へとボールの位置を変えていたのですが、
もっと右に置くべしとある人からアドバイスを受けました。

その位置で何回か練習、同様にコースで何度か試し、飛距離が伸び、
結構いい球がでるようになったが、
なかなか安定しないと悩んでいたとこる、この教材に出会いました。

私のポジションはステージ2とステージ3のほぼ中間地点ぐらい。

この教材を読むことで自分のポジションがつかめ、何が問題で、
何をすべきか、それぞれのショットで何が悪かったか、
良かったかがつかめるようになってきました。

ラウンドの途中で、自分のその日の体調、スイングが分析でき、
後半に多少のアジャストもできるようになってきたと思います。

あとは安定したスイングのためにこの教材の指摘通り
頭の中を整理しながらチェックポイントを作り
本物のダウンブローを取得するのみです。





もし、あなたがゴルフでアイアンショットで悩んで知るのなら、
この、本物のダウンブローを追求したアイアンショットの極意を
手にして試してみませんか!?


この教材ほどゴルフのスイングについて深く解説したものは、
私が知ってる限りありません。

とにかく、スイングの奥深い部分まで
理解することができます。


間違いなく、アイアンショットが上達すれば、
ドライバーショットなど、とてつもなく簡単に感じるようになります。


→アイアンショットの極意(ダウンブローを極める)|倉木真二




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

アイアンショットを極める本物のダウンブローショットを手に入れる方法とは [本物のダウンブローとは]

アイアンショットを極めるには、本物のダウンブローショットを
身につけることが必要です。

その、本物のダウンブローショットを全て、完璧に身につけるための
詳細なステップが記載されているのが「アイアンショットの極意」なのです。


→アイアンショットの極意(ダウンブローを極める)|倉木真二





この教材には、「本物のダウンブローショットへの道のり」
の全てが、完璧に、書かれています。


だから、この教材を手にすることで、あなたは、もう悩み苦しむことなく
簡単にダウンブローショットを身につけ、アイアンショットを極める事が
出来るでしょう・・・。




その教材に書かれている内容の項目がコチラになります。


●手打ちで飛距離の出ないゴルファーでも実践後、
1ヶ月で2番手以上飛距離を伸ばすことができる「あるドリル」を公開!

●なぜ、ハンドファースト、下半身リードだけではダメなのか?
「本物のアイアンショット」をマスターするために必要なノウハウを全て伝授します!

●シャンクの「本当の原因」とその対処法を理解して、
シャンクの恐怖から解放される具体的な方法とは?

●いくら練習しても絶対に上達できないアイアンの条件とは?

●ドライバーとアイアンは同じスイングをすべきなのか?
その答えと、具体的な理由を公開!

●ロングアイアンでもキレのある高弾道を放つ方法とは?

●アイアンショットを極めるために必要な「アイアン特有のクラブ構造の秘密」とは?

●なぜ、ダフリ、トップが頻繁に出てしまうのか?
ダフリ、トップが頻繁に出る本当の理由と、その解決法

●テークバックで回転が浅くなってしまうゴルファーでも、
直ぐに深い回転を作れるようになる方法

●ハンドファースト、下半身リードの「問題」とは?

●スイングは縦振り、横振り、どちらが本当に正しいスイングなのか?
正しいスイングプレーンを理解し、修得する方法

●ゴルファーのレベルに応じて発生する「上達のワナ」とは?

● なぜ、アイアンは「同じ練習」をしても上達できないのか?
そのアイアンの複雑な上達過程を、数千人のゴルファーの計測データを根拠に徹底解説!

●今、あなたがどんなレベルであろうとも、
最も有効な練習法を実施することができる「4ステージ上達理論」とは?

●ダウンスイング時の「本物のタメ」を作り出し、
キレのあるスイングと圧倒的に安定感のあるアイアンショットをマスターする方法を伝授!

●左足下がり、ディボット、フェアウェーバンカーからでも
クリーンにボールをヒットする方法

●「腰の回転軸」を理解してフェードとドローを自在に打ち分ける方法

●アイアンショットは1軸が良いのか、2軸が良いのか、
その本当の答えと、その理由とは?

●上級者、プロに共通する「スクエア→フック→スクエア」の変化とは?

●ダウンスイングの瞬間にやってしまうと絶対に本当のナイスボールが出ない
にも関わらず90%以上のゴルファーがやってしまっている「ある動作」と、
その解決法とは?

●完全な「スクエアインパクト」をしても良い弾道が出ない理由とは?

●マッスルバック、キャビティ、中空アイアン・・・それぞれのアイアンヘッドの機能と、
選択基準を公開

●なぜ、プロや上級者はボールの先に長いターフが取れるのか?その秘密を公開!

●自分にあったアイアンを選択し、効率良く上達していく方法

●「完璧なアイアンショット」をマスターする上で直さなければならない
「たった1つのポイント」とは?

●アイアンショットのスタンス、体重配分、ボール位置はどうすべきなのか?
その具体的なノウハウを公開。

●フィニッシュがキレイに決まらないゴルファーでも
美しいフィニッシュが簡単に取れるようになる方法

●アイアンは番手別にスイングを変えるべきなのか?その理由と対処法とは?

●高いのに風に強く、かつグリーンで止まる弾道を打つ方法

●正しいダウンブローと、ただクラブを地面に打ち込むだけのショットの違いとは?

●安定して芯でボールを打つために必要な「守るべきある角度」とは?

●打点がトー側に集中してしまう本当の理由と、解決法

●「アイアンのライ角はスイングに合わせるべき」が間違いである理由と
正しいライ角選びとは?

●本物のダウンブローショットから放たれる弾道が
他のスイングでは絶対に出ない弾道である理由

●アイアンショットは体重移動すべきか、その判断基準

● 「角速度」「回転速度」「角加速度」を理解して、
インパクトのエネルギーを最大化する方法

●なぜ、ハンドファーストとダウンブローは必ずしも両立しないのか、その理由とは?

●練習をすればするほど、逆に下手になってしまう「ある問題」とは?

●「自分のイメージ」と「現実の結果」が大きくズレてしまう理由と、その解決法を伝授

●「アイアンショットの極意」とは!?



以上、A4サイズで282ページに及ぶ内容です。


この「アイアンショットの極意」という教材の内容は、
1回読んで覚えるとか、3ヶ月でマスターするというような内容ではありません。

あなたの、ゴルフ生活で一生付き合っていける内容となっています。

つまり、ステップバイステップでこういう時はどうなのか?
どうすればいいのか?

など、あなたに状況に合わせて活用出来るようになっています。


だから、もし今、100を切れないゴルファーでも、
理想的なダウンブローをマスターすることができるように、
その道のりが完璧に書かれています。


→アイアンショットの極意(ダウンブローを極める)|倉木真二



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

アイアンショット上達の決め手!本物のダウンブローとは? [本物のダウンブローとは]

あなたは、アイアンショットが安定しなくて悩んでいませんか?


例えば、

・スライスする
・弾道が高過ぎる
・飛距離が全然でない


そこで、

「下半身から切り返し、ハンドファーストで打つことがアイアンの基本」
だと聞いて、必死に練習・・・


そのおかげで、スライスはほとんどなくなり、
弾道も高く上がり過ぎず、飛距離も格段にアップ。

確かに、以前に比べると格段に良くなっているのに何かがおかしい・・・


今度は、

・ダフリやトップが増えてしまった
・フックもするし、右にも行く
・思ったほど安定感がない
・ロングアイアンが上手く打てない


このような経験をされたことはありませんか?



実は、その原因は「ハンドファーストで打つことが正しいダウンブロー」
という勘違いにあったのです。

あなたは、ハンドファーストとダウンブローは違うということに
気が付いていましたか?


実は、ハンドファーストとダウンブローは違うのです。


だから、もしあなたが、アイアンショットで悩んでいるのなら、
本物のダウンブローをマスターしたら、アイアンショットは簡単に良くなります。


→アイアンショットの極意(ダウンブローを極める)|倉木真二





では、なぜ多くのアマチュアゴルファーが、
本物のダウンブローショットが分かっていないのか?


そのことについて倉木氏はこのように言っています。


『多くのゴルファーは、本物のダウンブローというものを理解できていません。

せいぜい、ハンドファーストで打ち込むスイングをしているくらいで、
手打ちのままのゴルファーもたくさんいます。

しかし、それは、ゴルファーに問題があるとは言いません。

正しい情報が世の中に無いこと、何より、アイアンショットの上達過程が
あまりに複雑すぎること、が、最大の問題なのです。

実は、ドライバースイングよりもアイアンショット方が、多くの知識が必要で、
それを自分で見つけ出すのは、ほぼ不可能に近いのです。』



このように、本物のダウンブローが分からないのも、
ある意味、仕方がないことかもしれませんね・・・。

でも、それでは、本当にアイアンショットが上達しないのです。



だから、倉木氏は本物のダウンブローショットが誰でも簡単にわかるように
誰でも簡単にできるようにその道のりをシンプルに、
しかも、その全てを完璧に公開しているのです。


→アイアンショットの極意(ダウンブローを極める)|倉木真二




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

【アイアンショットの極意】ハンドファーストとダウンブローは違う!? [アイアンショットの極意]

それまで、私は、ハンドファーストで打てば
ダウンブローで打ち込めると思っていました。


しかし、

それが間違いだったのです。


それに気づけたのは、バンカーから打つ練習です。


バンカーから打つとき、
本当に良い球が安定して出るスイングは、

「ダウンスイングからのクラブの振り方」

が、全く違うものだということに気づいたのです。


つまり、「本物のダウンブロー」というものが何なのか、
分かるようになったのです。

「確かに・・・バンカーから安定して良い弾道を放つには、
正しいダウンブローでスイングするしかない。」


それからはバンカーショットだろうが、
どこからであろうが良い弾道が安定して打てるようになり、
ロングアイアンもキレイな弾道で打てるようになりました。


何よりも、弾道に、圧倒的な「キレ」が生まれたのです。


その時、プロが言いたかったのは、
「バンカーから打つ練習で、本物のダウンブローを覚えろ」
ということだったのだと、確信したのです。



では「本物のダウンブロー」とはどんなスイングなのか?

→アイアンショットの極意(ダウンブローを極める)|倉木真二



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
前の12件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。